増田 浩之

Hiroyuki Masuda

弁護士(日本法)

プロフィール

弁護士登録後、日本の大手製薬企業法務部に勤め、日本国内外の契約法務を中心に、クロスボーダーのM&A、ライセンス契約その他企業提携関係(資本提携・業務提携含む)構築のための契約交渉その他の業務及び提携関係構築後の対応業務等に従事する。
その後、大阪にある事業再生・事業承継・M&Aを専門とする法律事務所に勤務し、契約法務・労務・総務等の一般企業法務業務のほか、事業再生・M&Aアドバイザリー業務、会社組織や株式・事業の譲渡等に関連して生じた紛争・訴訟の対応も数多く行う。
上記のような企業提携の構築からその後のフォロー、提携関係において紛争が発生した場合の対応、事業が行き詰った場合の対応といった会社のライフサイクルに沿った一連の業務の経験を活かし、ASEAN地域における企業提携に関わる業務やこれに関連する紛争対応を中心にアドバイスを提供している。

  • 主要実績
  • 著書、論文
  • 講演
  • ・日系製薬会社の米国会社買収案件
    ・日系工具製造会社の米国会社との業務提携案件
    ・日系工具製造会社の韓国会社との業務提携案件
    ・日系ホテル運営会社の買収案件
    ・日系婦人服製造会社の買収案件
    ・日系婦人服製造会社の欧州会社との業務提携案件
    ・日系鉱物専門商社の事業再生案件
    ・日系衣服製造会社の事業再生案件
    ・日系設備建設会社の大規模損害賠償訴訟案件
    ・日系不動産会社の会社支配権に係る訴訟案件
    ・日系医療系会社の事業譲渡代金請求に係る訴訟案件
    ・その他企業提携案件、会社組織・人事労務に関連する訴訟、調停及び審判事件多数

経歴

2007年 同志社大学法学部法律学科卒業
2010年 九州大学法科大学院修了
 

所属

    2011年 弁護士登録、第二東京弁護士会所属
    2017年 シンガポール外国法弁護士登録

言語

日本語、英語

連絡先

hiroyuki.masuda@oneasia.legal
+65-6389-9567(シンガポールデスク)
+65-8263-1578(シンガポール携帯)

 一覧に戻る