お知らせ

当事務所タイ事務所の藪本専門家が9月19日(火)の東京都中小企業振興公社主催セミナーにて、「カンボジア、ラオス、ミャンマーの法制度概要 -最新法令のアップデートを踏まえて-」というタイトルで講演をさせて頂きました。

当事務所の栗田哲郎弁護士が2017年10月6日、カンボジア弁護士会(プノンペン)において開催される、ICC(International Chamber of Commerce:国際商業会議所)主催のセミナー「Introduction to International and Domestic Arbitrations」において、講師を務めます(英語)。→「Introduction to International and Domestic Arbitrations」

※フライヤー(英文)→ICCYAF Programme Cambodia 6 October 2017
当事務所の栗田哲郎弁護士がシンガポールにて開催される、りそな総合研究所主催のセミナーにおいて講師を務めます。日時などの詳細は、後日決定いたしますので、ご興味のある方は以下にご連絡いただければ幸いです。 →第5回りそな海外経営塾「シンガポールで経営を学ぶ!」

お問い合わせ:info@oneasia.legal
当事務所の栗田哲郎弁護士が2017年10月13日(金)に、国際機関日本アセアンセンター主催のセミナーに
おいて講師を務めます。→「ASEANにおける不正調査および債権回収・資産調査の実務」

71期司法修習予定者採用情報

2017年09月21日(木)

71期司法修習予定者採用情報

当事務所では、この度71期司法修習生の求人募集を開始することとなりました。
若手弁護士向けセミナー、現地弁護士による各国法勉強会はもちろんのこと、ASEAN各国のアドバイスをボーダレスに提供できるよう、各国オフィスのメンバーが別のオフィスにて勤務し、他国の法律を習得するシステムも採用しており、人材の育成には大変力をいれています。
企業の海外進出支援、ASEAN法務、クロスボーダーM&A、国際仲裁、グローバル法務、その他、新しい領域の開拓などに興味のある方は是非ご応募ください。

募集対象:
71期司法修習予定者
勤務地:
東京、シンガポール、タイ、ベトナム、マレーシア、フィリピン、インドネシア、カンボジア、ラオス、ミャンマーのいずれかのオフィス
仕事内容:
現地弁護士と協働でのASEAN域内の法律関連調査業務
各種契約書作成・レビュー
ASEANにおける裁判、仲裁業務
業務分野:
M&A
統括会社設立・アジア子会社再編
紛争解決
コンプライアンス対応・不正調査
不動産
ファイナンス
労働法
知的財産
ベンチャー企業支援
給与待遇:
応相談(経験等をもとに決定いたします。)
※弁護士会費は当事務所負担

当事務所が代理した大東港運株式会社によるEver Glory Logistics Pte. Ltd.の株式取得(子会社化)案件がクロージングを迎えました。→Ever Glory Logistics Pte. Ltd.株式取得案件のクロージング

 

 

当事務所カンボジア事務所代表の村上弁護士編著による「メコン諸国の不動産法」が2017年08月30日に出版されました。

タイトル:メコン諸国の不動産法
編著:村上暢昭
著:松本 久美、工藤 拓人、外山 香織、佐野 和樹、藪本 雄登、内野 里美
言語:日本語
発行元:大成出版社
発行日:2017年08月30日

弊所所属の藪本雄登及び佐野和樹弁護士が8月9日、日本アセアンセンターにてセミナーを開催いたしました。 本セミナーではアセアン各国の企業合併・買収(M&A)を軸に、外資規制や特徴的な政策、その他注意点等について取り扱い、その後NNA ASIAにて本セミナーの概略に関する記事(2017年8月10日付)が掲載されました。
当事務所カンボジア事務所の村上弁護士が7月5日のみずほ銀行主催セミナーにて、「カンボジア進出における法務面の留意事項・事例」というタイトルで講演を行いました。

中小企業の海外展開支援事業の担当に弊所の弁護士が選任されました。

 

中小企業の海外展開支援事業の担当弁護士選任