お知らせ

個人情報保護を強化する流れがアジア各国で強まる中、弊所の小出弁護士が日本経済新聞より取材を受けました。当該取材に基づく記事は、2019年8月17日付の日本経済新聞にて掲載されました。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO48627170W9A810C1000000?s=3

One Asia Lawyers は、人材派遣を展開するフルキャストホールディングスが、シンガポールでマネジメントコンサルタンシーサービスを提供するアドバンサー・グローバルと、日本国内で外国人労働者の人材紹介サービスを手掛ける合弁会社を設立する契約の締結に関し、 リーガルアドバイスを提供いたしました。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190809486875.pdf

 

2019年9月13日三井住友銀行 バンコック支店主催「グレーター・メコン・サブリージョン(大メコン経済圏)セミナー」にて弊所所属の藪本雄登がパネスディスカッション(タイからみた周辺国の位置付け)に登壇します。

 
 

2019年8月20日 開催予定の東京都中小企業振興公社タイ事務所主催のセミナー「タイ国内において現地駐在員が知っておくべきコンプライアンスに関する留意点&最新動向」にて、弊所所属の藪本雄登及び志村公義弁護士が講師を務めます。

7月30日付の日本経済新聞・全国版「事業承継・M&A弁護士50選」にて弊所が紹介されました。「事業承継」や「M&A」を取り扱い業務としている50の法律事務所の一つとして掲載されます。

2019年7月23日 東京都中小企業振興公社タイ事務所主催のセミナー「タイ国内において現地駐在員が知っておくべきコンプライアンスに関する留意点&最新動向」が開催され、弊所所属の藪本雄登及び志村公義弁護士が講師を務めました。

2019年7月22日 イースタンシーボード工業団地日系企業連絡会主催のセミナー「タイ国内において現地駐在員が知っておくべきコンプライアンスに関する留意点&最新動向」が開催され、弊所所属の藪本雄登及び志村公義弁護士が講師を務めました。

弊所所属の栗田哲郎弁護士が、2019819日より神戸大学において開催される「Kobe SALAD 2019(Kobe University Summer School of Asian Law and Dispute Management)においてに講師を務め、19日に、「ASEAN諸国における裁判・紛争解決制度の最新事情2019年」、20日に「日本企業のASEANにおけるM&AM&A関連紛争およびその解決方法」の講義を行います。

 

→Speakers:Kobe SALAD 2019 [Speakers]

http://www.law.kobe-u.ac.jp/GMAP/summer_school/index.html

 

2019年5月24日 不動産実務研究会主催のセミナー「メコン諸国の現状と不動産法比較」が開催され、弊所所属の村上弁護士が講師を務めました。

One Asia Lawyersは、株式会社きちりホールディングスによるPT Kichiri Rizki Abadiの株式取得案件に関し、リーガルアドバイスを提供いたしました。
http://www.kichiri.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/1906071111.pdf