お知らせ

One Asia Lawyers所属の栗⽥哲郎弁護⼠が2017年4⽉より、⼀橋⼤学⼤学院・国際企業戦略研究科の⾮常勤講師に就任いたしました。同弁護⼠は、アジアビジネス法を担当いたします。

当事務所タイ事務所の松本弁護士が3月1日の日経ビジネス主催セミナーにて、「ASEAN攻略ハブとしてのタイの優位性と進出法務ポイント」というタイトルでセミナーを行いました。

One Asia Lawyersは、株式会社ウィルグループおよびWILL GROUP Asia Pacific Pte. Ltd. によるシンガポールにおいて専門的なスキルを持った人材の紹介や派遣サービスを提供するBeathChapman Pte. Ltd.の株式の取得に関し、株式会社ウィルグループらを代理し、リーガルアドバイスを提供いたしました。2017年1月25日、本買収案件は必要な手順を完了し、上記対象会社の株式をそれぞれ約70%ずつ取得し、クロージングを迎えました。

One Asia Lawyersは、上野興産株式会社による石油の陸上輸送でシンガポール国内トップシェアを誇るWatt Wah Pte Ltd社の親会社となるDLT Enterprise Pte Ltd社の株式の取得に関し、上野興産株式会社を代理いたしました。2017年2月1日、本買収案件は必要な手順を完了し、クロージングを迎えました。

当事務所ラオス事務所の藪本専門家が12月14日(水)に日本アセアンセンター(アセアンホール 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F)にて、「ラオスの投資環境と法制度」というテーマにて講演をさせて頂きました。
当事務所カンボジア事務所代表の村上弁護士が11月14日(月)に日本アセアンセンター(アセアンホール 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F)にて、「カンボジアの投資環境と法制度」というテーマにて講演をさせて頂きました。

2016年11月1日に「ASEANの紛争解決・仲裁制度の最新状況~ASEAN経済共同体の発展を踏まえて~」というタイトルにて、当事務所主催にてセミナーを実施致しました。

当事務所の佐野弁護士が10月28日に日本アセアンセンター(アセアンホール 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F)にて、「ミャンマーの投資環境と法制度比較」というテーマにて講演をさせて頂きました。

2016年11月22日の日本経済新聞社「ASEAN進出 法務支援」という記事にて、One Asia Lawyersが紹介されました。

当事務所の藪本専門家が9月15日に日本アセアンセンター(アセアンホール 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F)にて、「カンボジア、ラオス、ミャンマーの投資環境と法制度比較」というテーマにて講演をさせて頂きました。