JAPANESE ENGLISH

採用情報

下記にご質問・ご照会がある方は、以下までご連絡頂ければ幸いです。

電話番号(代表): 03-6273-4455

メール(代表): info@oneasia.legal

72期司法修習予定者採用情報

弁護士法人OneAsiaは、2018年5月の司法試験を受験された皆様を対象として、事務所説明会を開催いたします。

《事務所説明会の概要》
ⅰ. 対象
   2018年度の司法試験を受験された皆様
ⅱ. 日時等
   平成30年7月19日(木)・ 7月20日(金)
  ※事務所説明会の具体的なお時間は、お申込者の人数等を踏まえて、当事務所から個別にご連絡させて
   頂きます。
ⅲ. 場所
   東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング31階 弁護士法人OneAsia内 会議室
  ※当事務所は、平成30年7月1日に事務所の移転を予定しております。

《お申込方法》
ⅰ. 事務所説明会への参加を希望される方は、下記お申込みフォームにご入力の上、ご送信ください。
  お申込みフォーム
   書類のアップロードができない場合には、アップロードに代えて、以下の方法でメール添付にて
     ご応募ください。
 【アップロードができない場合の送付方法】
 書類をPDFの形式にした上、下記の「お問合せ先」のメールアドレスにファイルを添付の上、ご送信くだ
   さい。
ⅱ. お申込締切
   当事務所からのご連絡の都合上、なるべくお早めにご応募いただきますようお願い申し上げます。
ⅲ. 当事務所からのご連絡
   事務所説明会にご参加いただく方には、別途担当者より個別にご連絡を差し上げます。
   なお、定員の都合上、やむを得ずご希望に沿えない場合がございますので、何卒ご了承ください。
 
(お問合せ先)
 お問合せにつきましては、お名前とお電話番号をご記載の上、
 件名欄に[72期司法修習予定者向け事務所説明会:問い合わせ]と入力し、下記のメールアドレス宛に
 ご連絡ください。
 お問合せはこちら⇒弁護士法人OneAsia 事務局:堀 宛 info@oneasia.legal

◆応募書類等から取得した個人情報は、事務所説明会に関するご連絡その他の事務手続、及び今後の採用活動における参考資料としてのみ利用いたします。なお、応募書類等の返却はいたしませんのでご了承ください。

71期司法修習生採用情報

当事務所では、この度71期司法修習生の求人募集を開始することとなりました。
若手弁護士向けセミナー、現地弁護士による各国法勉強会はもちろんのこと、ASEAN各国のアドバイスをボーダレスに提供できるよう、各国オフィスのメンバーが別のオフィスにて勤務し、他国の法律を習得するシステムも採用しており、人材の育成には大変力をいれています。
企業の海外進出支援、ASEAN法務、クロスボーダーM&A、国際仲裁、グローバル法務、その他、新しい領域の開拓などに興味のある方は是非ご応募ください。

募集対象:
71期司法修習予定者
勤務地:
東京、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、カンボジア、ラオス、ミャンマーのいずれかのメンバーファームのオフィス
仕事内容:
現地弁護士と協働でのASEAN域内の法律関連調査業務
各種契約書作成・レビュー
ASEANにおける裁判、仲裁業務
業務分野:
M&A
統括会社設立・アジア子会社再編
紛争解決
コンプライアンス対応・不正調査
不動産
ファイナンス
労働法
知的財産
ベンチャー企業支援
給与待遇:
応相談(経験等をもとに決定いたします。)
※弁護士会費は当事務所負担
応募方法:
下記応募書類をPDFの形式にした上、メール添付にてinfo@oneasia.legalへご送付ください。 なお、応募書類の返却はいたしませんので、ご了承ください。

1.顔写真付き履歴書
(TOEIC、TOEFL他、英語検定のスコア等について明記または証明書添付)
2.大学及び法科大学院の成績証明書
3.予備試験成績通知書のコピー(予備試験合格済の方のみ)
4.司法試験成績通知書のコピー

アジア各オフィス勤務弁護士募集

One Asia Lawyersでは、ASEANの各オフィス・メンバーファームに勤務し、ASEANの法律の第一人者となることを目指す弁護士を募集しております。

資格:
弁護士 保有資格国は、日本に限らず、アメリカ、アジア等いずれの資格保有者でも問題ありません。
勤務地:
シンガポール、マレーシア、ベトナム、フィリピン、タイ、ミャンマー、インドネシア、カンボジア、ラオスのいずれかのメンバーファームのオフィス
給与:
経験・能力に応じて決定。
基本給とともに、個人事件の受任も原則可能。
また、国によっては、現地宿泊費用の一部を負担いたします。
言語:
日本語、英語
シンガポール、マレーシア、フィリピン勤務希望の場合は、比較的高度な英語力が要求されます。その他の国の場合、現地語(ベトナムの場合はベトナム語、タイの場合はタイ語、ミャンマーの場合はミャンマー語、インドネシアの場合はインドネシア語、カンボジア語の場合はクメール語)は特に必須ではありませんが、基本的な英語は必須となります。 留学経験のない弁護士の方でも、TOEIC、TOEFLなどの点数をもとに検討させていただきます。

日本勤務弁護士・パラリーガル募集

※応募を終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

ロースクール生・大学学部生向け インターンシップ・プログラム

One Asia Lawyersでは、当事務所のASEANメンバーファームオフィス、もしくは東京オフィスにて、実際に当事務所の弁護士らと席を並べて、実際の業務に接していただくインターンシッププログラムを準備しております。

具体的には、担当弁護士の監督のもと、アジア各国の判例調査、法令・文献リサーチ、メモランダム、契約書作成補助などの業務を行っていただきます。その期間、事務所内外において随時開催されるセミナー、勉強会、研修会への参加も可能です。

募集期間:
随時募集
勤務地:
シンガポール、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、フィリピンのいずれかのメンバーファームオフィス
勤務期間:
1週間から2か月 各オフィスの業務状況、本人の希望、ビザの状況などによって決定いたします。