• Instgram
  • LinkeIn
  • Lexologoy

南 純

Jun Minami

弁護士(日本法)
ロシア・中央アジア法務ヘッド

プロフィール

海外留学でロシア法の学位を取得し、留学中に司法試験合格。弁護士登録後は、世界4大監査法人であるプライスウォーターハウスクーパース(PwC)モスクワ事務にて従事し、主に日系企業に対してM&Aをはじめとする法務・税務・コンサルティング業務を行う。帰国後は国内法律事務所にて、主に企業法務や国際法務に従事する。これらの経験から、企業が抱える様々な問題に対して、迅速かつシームレスで対応する重要性を痛感する。
2022年からは、アジアでシームレスのリーガルサービスを提供する弁護士法人One Asiaに入所。アジアの玄関口である福岡オフィスを拠点としつつ、東京オフィスとの兼務で様々な業務に従事する。

  • 主要実績
  • 著書、論文
  • 講演
  • ニューズレター
  • <企業法務・国際法務>
    ・日系製造業のロシアでのM&A案件
    ・日系製造業のロシアからの撤退案件
    ・日系企業駐在員のロシアでの就労ビザ手続き案件
    ・日系企業のロシア人に対する解雇案件
    ・日系企業への米国対ロシア制裁に対する調査案件
    ・日系企業現地駐在所に対する恒久的施設(PE)該当性調査案件
    ・日系企業でのロシア人取締役の不正調査案件
    ・国際家事事件での意見書(ロシア家族法)作成業務
    その他、国内外における進出支援案件、各種契約交渉、紛争対応、内部規則作成、法令調査など

    <刑事事件>
    ・不動産会社営業所所長の横領事件に対する刑事告訴
    ・自動車部品会社の取締役に対する文書偽造事件に対する刑事告訴
    ・外国人(旧ソ連圏)の暴行事件での私選弁護
    ・外国人(旧ソ連圏)の麻薬事件での私選弁護

    <出向経験>
    ドイツ系外資企業日本法人(化学メーカー)法務部

  • ・「日本における弁護士の破産(Банкротство адвокатов в Японии)」(ロシア連邦弁護士会新聞АГ 2017年6月)


    ・「日本・ロシア間における判決の承認・執行:ロシア連邦最高裁2017年1月30日決定を契機として」(国際商事法務 2018年1月)


    ・「現地で働いてわかったロシアビジネスの実情」(金融法務事情 2020年4月)

経歴

2008年 大阪大学外国語学部(ロシア語専攻)卒業
2012年 北海道大学法科大学院
2015年 サンクトペテルブルク大学法学部法学修士課程修了(LL.M)
2016年 弁護士法人小寺・松田法律事務所勤務
2017年 PwC Advisoryモスクワ事務所勤務
2019年 弁護士法人中央総合法律事務所勤務
2022年 弁護士法人One Asia入所
 

所属

    第一東京弁護士会
    日露法律家協会

言語

日本語、英語、ロシア語

連絡先

jun.minami@oneasia.legal

 一覧に戻る