コンプライアンスについて

2021年05月17日(月)

コンプライアンスについてニュースレターを発行しました。
PDF版は以下からご確認ください。

One Asia Lawyersコンプライアンスニューズレター

 

One Asia Lawyers Compliance News Letter (May 2021)
(ENGLISH VERSION)

Updates on Merger Control Enforcement

1) Amendments to the Competition Act in Malaysia – for MyCC Power to Control Mergers

 The Malaysia Competition Commission (MyCC) has initiated a process to amend the Competition Act 2010, to enable the Commission to control Mergers and Acquisitions (M&As) of companies, and thereby avoid the creation of monopolistic entities in Malaysia.[1] Currently, there are only sector-specific laws and guidelines that regulate the anti-competitive aspects of mergers in relation to the aviation industry[2] and the communication and multimedia industry. [3] The Ministry of Domestic Trade and Consumer Affairs is planning to table these legislative amendments by the end of 2021.

 Following these amendments, all M&As will require prior approval of MyCC. The Domestic Trade and Consumer Affairs Minister of Malaysia (Alexander Nanta Linggi) has given a statement that “M&As would need to receive approval from MyCC. Any company that merges without MyCC’s approval will be directed to cancel the merger and will be fined”.[4]

 MyCC has previously indicated that they are inclining towards a mandatory merger notification regime. This means that mandatory notifications would be required (i.e. to notify the MyCC and obtain its approval) when certain jurisdictional thresholds are met.[5]

2) Joint Statement on Merger Control Enforcement in Australia, UK and Germany

 On 20th April 2021, the competition authorities in Australia, the UK and Germany – the Australian Competition and Consumer Commission (ACCC), the UK Competition and Markets Authority (CMA) and Germany’s Bundeskartellamt (Federal Cartel Office) – have issued a joint statement highlighting the importance of rigorous and effective merger enforcement, especially in this current landscape of Covid-19.[6] This statement was prompted by high levels of concentration across various markets in these countries, as well as a marked increase in the number of merger reviews involving dynamic and fast-paced markets, such as the technology sector.  

 Whilst the joint statement acknowledges the difficulties that companies face due to Covid-19, which may result in more takeovers and acquisitions, it cautions against any relaxation of standards for merger assessments. For example, it affirms that the pandemic is “not a reason to lower the standard for accepting [valid failing firm] claims”, even if it is likely to lead to an increase in such claims.

 

[1] For example, concerns have been raised over Grab Holdings Inc. and its subsidiaries, as the MyCC proposed a fine of 86 million ringgit on Grab in October 2019, for abuse of their dominant position in the market.

Lee, Liz. (3rd October 2019). Malaysia proposes $20 million fine on Grab for abusive practices. Reuters.

https://www.reuters.com/article/us-grab-competition-malaysia-fine-idUSKBN1WI06D    

[2] Part VII Division 4 of the Malaysian Aviation Commission Act 2015, enforced by the Malaysian Aviation Commission (MAVCOM)

[3] Part IV Chapter 2 of the Communications and Multimedia Act 1998, enforced by the Malaysian Communications and Multimedia Commission (MCMC)

[4] Jalil, Asila. (1st April 2021). MyCC to present proposed amendment on Competition Act 2010 by year-end. The Malaysian Reserve. https://themalaysianreserve.com/2021/04/01/mycc-to-present-proposed-amendment-on-competition-act-2010-by-year-end/   

[5] Directorate for Financial and Enterprise Affairs Competition Committee of the Organisation for Economic Co-operation and Development, Global Forum on Competition, ‘Merger Control in Dynamic Markets – Contribution from Malaysia’ (6 December 2019)

[6] Australian Competition & Consumer Commission. (20 April 2021). Landmark joint statement on merger control enforcement from ACCC, UK’s CMS and Germany’s Bundeskartellamt. https://www.accc.gov.au/media-release/landmark-joint-statement-on-merger-control-enforcement-from-accc-uks-cma-and-germanys-bundeskartellamt

 

One Asia Lawyers コンプライアンスニューズレター(20215月号)
(日本語版)

合併規制の施行に関する最新情報

1)マレーシアにおける競争法の改正―MyCCによる合併規制

 マレーシア競争委員会(MyCC)は、企業の合併・買収(M&A)を管理できるようにするため、2010年競争法を改正し、マレーシアにおける独占的な企業の設立を回避するためのプロセスを開始した[1]。現在、マレーシアは航空産業[2]や通信・マルチメディア産業[3]に関連して、合併の反競争的側面を規制するセクター別の法律・ガイドラインがあるのみであった。国内取引・消費者省は、2021年末までにこれらの法改正を検討する予定である。

 これらの改正後、すべての買収案件(M&A)はMyCCの事前承認が必要となることとなる。マレーシアの国内取引・消費者省大臣(Alexander Nanta Linggi)は、「M&Aを行うにあたってはMyCCの承認を受ける必要がある。MyCCの承認を得ずに合併した企業は、合併の中止を指示され、罰金を科される可能性がある」との声明を発表した[4]

 MyCCは以前、合併の届出を義務付ける意向であることを示していた。これは、特定の司法権の閾値を満たした場合、義務的な通知(すなわち、MyCCに通知し、その承認を得る)が必要になることを意味する[5]

2)オーストラリア、英国、ドイツにおける合併規制の施行に関する共同声明

 2021年4月20日、オーストラリア、イギリス、ドイツの競争当局であるオーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)、イギリス競争・市場庁(CMA)、ドイツ連邦カルテル庁()は、共同声明を発表し、特に現在のCovid-19の状況において、厳格で効果的な合併執行の重要性を強調した[6]。この声明は、これらの国の様々な市場で高いレベルの集中度が見られたこと、また、テクノロジー分野などのダイナミックでスピード感のある市場に関わる合併審査の数が著しく増加していることを背景としている。

 共同声明においては、Covid-19によって企業が直面する困難を認識する一方で、その結果、買収や合併が増加する可能性があるとしながらも、合併審査の基準が緩和されることに注意を促している。例えば、パンデミックは、たとえそのような主張の増加につながる可能性があるとしても、「(有効な破綻企業の)主張を受け入れるために基準を下げる理由にはならない」と述べている。

 

 

[1] 例えば、Grab Holdings Inc.とその子会社については、MyCCが2019年10月にGrabに対して、市場での支配的地位の乱用を理由に8,600万リンギットの罰金を提案したことから、懸念が生じている。

マレーシアはGrabに対し、不正行為に対して2千万ドルの罰金を提案する。Lee, Liz. (2019年10月3日). Reuters.

https://www.reuters.com/article/us-grab-competition-malaysia-fine-idUSKBN1WI06D   

[2] マレーシア航空委員会(Malaysian Aviation Commission, MAVCOM)によって施行される2015年マレーシア航空委員会法第7部第4課

[3] マレーシア通信・マルチメディア委員会(Malaysian Communications and Multimedia Commission, MCMC) によって施行されている1998年の通信・マルチメディア法の第4部第2章

[4] MyCCは年末までに2010年競争法の修正を提案する。Jalil, Asila. (2021年4月1日). The Malaysian Reserve. https://themalaysianreserve.com/2021/04/01/mycc-to-present-proposed-amendment-on-competition-act-2010-by-year-end/

[5] OECD金融・企業局、競争におけるグローバルフォーラム「ダイナミック市場における合併管理 – マレーシアからの貢献」 (2019年12月6日). https://one.oecd.org/document/DAF/COMP/GF/WD(2019)58/en/pdf

[6]  オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)、英国のCMS、ドイツのBundeskartellamtによる合併規制の執行に関する画期的な共同声明を発表(2021年4月20日) https://www.accc.gov.au/media-release/landmark-joint-statement-on-merger-control-enforcement-from-accc-uks-cma-and-germanys-bundeskartellamt