南アジア法務セミナー開催(シンガポール)のお知らせ

2019年12月03日(火)

南アジア法務セミナー

現在、南アジアは、世界で最も成長が著しい地域と言われており、今般、シンガポールの統括会社を通じて、これらの国に投資・統括をしている日本企業が増加しております。

本セミナーでは、インド・パキスタンを中心に、バングラデシュ・スリランカ・ネパール等、南アジアにおける、外資規制・主要な法令のアップデート・近い将来予想される法令制定改正および規制動向等について、現地専門家を招いてお伝えします。

また、シンガポール統括会社を通じて投資をするメリット、紛争解決地をシンガポールとするメリットなど、シンガポール統括会社の視点で、南アジア地域に投資をする意味についてもご説明いたします。

シンガポールから南アジアへの進出・投資を検討されている日系企業のご担当者にとって、南アジアの最新事情を現地の弁護士から入手できる絶好の機会ですので是非ご参加ください。

 

日時:12/13(金) 受付12:30-12:50、セミナー: 13:00-16:00
場所:City Hub(23F, 20 Collyer Quay, Singapore 049319) Boardroom
主催:弁護士法人 One Asia / One Asia Lawyers Group
講師陣:
弁護士法人One Asia 南アジア代表・日本法弁護士志村公義(インド駐在)
One Asia LawyersメンバーファームAcumen Juris法律事務所 インド法弁護士 Pankaj Singla
One Asia Lawyersメンバーファーム Azam Chaudhry 法律事務所
パキスタン法弁護士 Qasim Danish Iftikhar 他1名
弁護士法人One Asia シンガポールオフィス代表 シンガポール法・日本法弁護士栗田 哲郎
 ※講師は、変更させていただく場合がございます。
言語:日本語及び英語(概要のみ日本語通訳)
参加費:無料
募集人数:35名
トピック:
1 インド法の概要とアップデート
2 パキスタン法の概要とアップデート
3 総括・南アジア5か国の法規制比較

お申込み:
https://forms.gle/rbrQ8MWo9yJ6X4WA8

連絡先:kimiyoshi.shimura@oneasia.legal