「タイにおけるコロナウィルス対策の法務(第2弾) -非常事態宣言の発令とタイ現地法人として執るべき対応策-」にて小出弁護士が講師を務めます。

2020年03月24日(火)

第2弾:非常事態宣言の発令とタイ現地法人として執るべき対応策

世界的に新型コロナウィルスの影響が強まる中、タイ民間航空公社は3月19日、従来の指定感染危険国に限らず、全ての国からタイに入国する者に対し、入国時に出発日の72時間以内に発行された新型コロナウィルス感染症につき感染している恐れがない旨を示す健康証明書を提出することを義務付け、非常に厳しい入国規制を課しました。その後、バンコク都知事は、2020年3月21日、商業施設を3月22日から4月12日までほぼ全面的に閉鎖するとの通達を発令し、さらに、24日、タイ政府は、新型コロナウィルスの感染拡大による非常事態宣言を26日から発令すると発表しました。当該宣言による具体的な規制内容は3月24日の発表時点で明らかにされておりませんが、特定時間帯の外出禁止等を含むとされており、新型コロナウィルスに関する規制の状況は日々刻々と変化しています。

第2弾となる新型コロナウィルス対策の法務ウェビナーでは、第1弾を開催した3 月3日以降の重要なアップデートを踏まえ、企業の喫緊の留意事項・対応指針について、概説いたします。

ウェビナーの概要は以下の通りです。

【開催概要】

第2弾 内容概要

1 3月19日発表タイ民間航空公社による入国規制の概要

2 3月21日発表バンコク都知事による商業施設閉鎖等を含む通達の概要

3 3月24日発表タイ政府による非常事態宣言の概要

4 上記各発表を踏まえた実務上の法的留意点

【開催日時】

タイ日時:2020年3月26日(木)午後3時(タイ時間)/ 午後5時(日本時間)配信開始

※詳細は別途ご案内致しますが、3月3日開催の第1弾セミナー以降の通達等に関するアップデート版になります。3月3日のセミナー内容を視聴されたい方は別途ご連絡ください。

※Webブラウザで閲覧可能なウェビナー形式の配信となっております。お申し込みをいただいた方に、メールにてリンクを送付いたしますので、勤務先・在宅などで受講することが可能です。

※配信終了後、一定期間録画配信を実施しますので、お時間が合わない場合は、ご都合のよいお時間にご視聴いただけます。録画配信の開始時期は別途お知らせいたします。

※本セミナーの内容は、あくまでも配信時点の情報をもとにしております。

【定員及び費用】

■定 員:各回50名

■費用:1,500 THB(税別)

※弁護士法人One AsiaまたはOne Asia Lawyersメンバーファームのいずれかと顧問契約を締結いただいているお客様は、無料にてご参加頂けます。

【本セミナーに関するお申込み】

セミナー参加をご希望の方は、以下メールアドレスまでご連絡ください。

ウェビナーへの参加方法などの詳細は、ご応募頂いた方に追ってご連絡をさせて頂きます。

担当:リン s.lhing@oneasia.legal