「ビジネスとコンプライアンスは繋がっている-アジア進出のためのハンドブック-」を作成致しました。

2021年01月07日(木)

トライコーグループと共同にて、「ビジネスとコンプライアンスは繋がっている-アジア進出のためのハンドブック-」を作成致しました。

海外でビジネスを展開する日系企業は、現地国でのビジネスの成功のために売上や利益の追求、マーケットシェアの獲得において様々な指標を設定しています。しかしながら健全な現地法人の運営に欠かせない、税務・会計・労務などのコンプライアンスに直結する管理業務がビジネスの成功指標として浸透している例はまだ多くないのが実情です。
2020 年は、COVID-19 の世界規模での感染拡大を受け、企業運営のあり方の変容を強いられました。
日系企業のアジア各国の現地法人運営も例外なく、事業を存続させるための根本となる施策、つまり「有事における迅速かつ適切な対応」が、最重要課題のひとつであることを認めざるを得ない状況となりました。また、これに呼応するかのように、域外適用のコンプライアンスに関する規定の制定も、ますます加速しています。
このような背景から、海外ビジネスを行うすべての企業が、現地法人運営のガバナンス・リスク管理・コンプライアンスに関する認識を新たにすることが求められており、その導入のために、トライコーグループ様と共同して、本ハンドブックを作成致しました。

ダウンロードは下記よりお願い致します。

ビジネスとコンプライアンスは繋がっている-アジア進出のためのハンドブック-