ビットコインに関するタイ中央銀行の見解について(速報版)

2021年07月12日(月)

ビットコインに関するタイ中央銀行の見解について(速報版)報告いたします。

ビットコインに関する速報版について

 

 

       ビットコインに関するタイ中央銀行の見解について(速報版)
                                    2021年7月12日
                              One Asia Lawyersタイ事務所
2021年6月9日にエルサルバドル議会でビットコイン法が可決、同国では9月7日よりビットコインが法定通貨となる可能性がある。
この点、タイ政府は、2021年7月8日にプレスリリース第49/2021号 において、タイ中央銀行はデジタル資産による決済等を求める声を認識しているものの、ビットコインはタイにおいて引き続き法定通貨として認められず、ビットコインで支払われる取引は物々交換とみなされ、投資家は保有するリスクを理解する必要がある旨の見解を示している。

 

以上 

〈注記〉
本資料に関し、以下の点ご了解ください。
・ 今後の政府発表や解釈の明確化にともない、本資料は変更となる可能性がございます。
・ 本資料の使用によって生じたいかなる損害についても当社は責任を負いません。


本記事やご相談に関するご照会は以下までお願い致します。
yuto.yabumoto@oneasia.legal(藪本 雄登)
miho.marsh@oneasia.legal (マーシュ美穂)