JAPANESE ENGLISH

当事務所の特徴

日本・ASEANをつなぐ
ワン・ストップの法律のプラットフォームを創造する

ASEAN諸国の経済発展・人口増加等に伴い、ASEAN諸国に展開する日本企業が増加しています。One Asia Lawyersは、ASEAN各国の法律に関するアドバイスを、シームレスに、ワン・ストップで提供するために設立された日本で最初のASEAN法務特化型の法律事務所です。One Asia Lawyersのメンバーは、ASEAN各国での業務経験を積み、ASEAN各国の法律実務に精通した専門家で構成されています。ASEAN各国にオフィス・メンバーファームを構えることにより、日本を含めた各オフィスからASEAN各国の法律を一括して提供できる体制を整えることに注力しております。

ASEAN全域のアドバイスをワン・ファームとして提供いたします

ASEAN経済共同体(ASEAN Economic Community、AEC)などの進展に伴い、日本企業はASEAN全域を一つのビジネス圏として捉え始めています。One Asia Lawyersは、そのようなASEAN各国に展開する日本企業のニーズに答えるため、ASEAN全域の法律を、あたかも「一つの法域」かのように捉え、ワン・ストップで一括して、ASEAN各国のアドバイスを提供するためのプラットフォームを創り上げております。このため、クライアントがASEANそれぞれの法域において、別々の窓口・事務所を起用する必要性を排除し、一つの窓口とのみ対応することで、ASEAN各国のアドバイスを受けることが可能です。

現地弁護士と日本人弁護士が綿密に協働してアドバイスを提供します

One Asia Lawyersにおいては、ASEAN現地法のアドバイスを提供できる体制を整えていることはもちろん、ASEAN各国に日本人弁護士・スタッフを配置し、日本語でサービスを提供できる体制を整えております。現地日本人弁護士・スタッフは、ASEAN各国の弁護士とのコミュニケーションを行う役割にとどまらず、ASEAN各国に自ら身を置き、自身でASEAN各国の法律の研究、実務経験を積んでおります。そのため、法律の知識に裏打ちされながらも、現地の商慣習、実務慣行などを理解した上で、現地に根付いたプラクティカルなアドバイスを提供することが可能です。

クオリティ・スピード・フィーの3つの要素にとことんこだわったサービスを提供いたします

クライアントのASEAN各国での成長を支援するのため、クオリティ・スピード・フィーの3つの要素にこだわったサービスを提供いたします。

1 クオリティ

クライアントの長期的な利益の最大化のため、多角的観点から、考え抜く組織を目指します。法律事務所の最も重要な資産は、知識、思考能力を有したスタッフですが、全てのスタッフはクライアントの利益の最大化、問題の解決のために、「考え抜く」ことにこだわります。そのため、我々は、人の教育、知識の集積・研鑽に、とことん投資をする組織を目指します。また、「考え抜く」際には、様々な視点、種々の観点から考えることにこだわります。国籍、性別、年齢、経験の異なったチームメンバーを組み込み、異なった視点からの意見を集約し、合議を行うことにより、最も適切な解決策を追求します。

2 スピード

誰よりも早く回答する。現在の目まぐるしく変化するビジネス環境において、スピードは法律サービスのコアです。スピードを追求するためにも、普段から研鑽を積み、圧倒的な知識の集約、研鑽、業務の効率化を図ります。また、クライアントの緊急の問題に答えるため、常にコンタクトができる専門家を目指し、コンタクトのしやすい法律事務所を目指します。

3 フィー

ASEAN現地で成長するために、コストの意識は欠かせません。そのため、適切なフィーでサービスを提供いたします。そして、そのためのコスト削減のための努力を欠かしません。

 

日本の法律家の真の国際化のための支援活動を行います

日本の法曹業界は、国際化の波を受け、大きく変動しています。One Asia Lawyersは、日本の法曹界の発展のため、アジア各国のオフィスにおけるインターン生の受容れ、講演活動、シンガポール法などのアジア各国の法曹資格の取得支援活動などを通じて、日本の法律家の真の国際化の支援活動を行います。

また、私達のターゲットクライアントは、日系企業のみならず、非日系クライアントへのアプローチを積極的に進めて参ります。日本人弁護士がグローバルなクライアントに向けた高度で専門的なサービスを提供し、日本人弁護士の活動領域を広げ、真の国際弁護士を育成し、真の国際法律事務所を目指します。

ASEANの社会の発展に貢献します

日本社会に貢献するだけではなく、我々はASEANの社会に貢献致します。ASEAN諸国の発展のため、ASEAN諸国の法律家の受容れ、育成、ASEAN諸国における無料法律相談の実施、ASEANのロースクール・法律事業への寄付・支援活動などを積極的に行います。現地の法制度は、まだまだ未発展な部分、又は法律が制定されていても利用されていないケースも多いというのが現状です。法律の整備や適切な運用に向けた教育、普及活動に日本人弁護士、専門家として、貢献していきたいと強く考えています。